KLEENTEK 女性社員のブログ

<   2011年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

デモ機DH-KS設置に行きました!

KLEENTEK大阪営業部のotogawaです。
現場体験記第3弾。T課長に同行し、デモ機設置の手伝いをしてきました。

d0045333_1654082.jpgd0045333_15532974.jpg設置したのは油中水分分離装置DH-KS。訪問先は某印刷部品メーカー。対象は小型の真空ポンプの潤滑油。油量は3〜5Lと、少ないのですが、現状では、ポンプのメンテや油交換が2か月毎に必要なので、その寿命を延ばしたいという要望です。

d0045333_15571998.jpg現地に到着。真空ポンプ下部のドレンから、中の油を排出。
まずは、ポンプ上部にある油の補充口を開き、配管部品とホースを取り付けます(→デモ機のOUT側とつながる)。次に、ポンプ下部のドレンにも配管部品とホースを取り付けます(→デモ機のIN側とつながる)。
両方のホースを、それぞれデモ機側につないで、真空ポンプとデモ機の循環の形が出来上がり。
d0045333_16262119.jpg
仕上げはエレメント2種類の装填(右の写真)
油中の水分を凝集するK-50(白)と、
凝集した水分と油を分離するS2-25(金属製)。
そしてスイッチON。
全体で油8Lほどを循環させる必要があるので、不足分を新油で補います。5分ほどで、真空ポンプとデモ機に油が満たされたのを目視で確認し、設置完了。T課長が機械の操作方法や、サンプル油の採り方などを説明。

d0045333_15592754.jpgちなみに、私の任務は「ホース切断」。所要時間10秒!!それでも、私にとっては人生初の現場作業。完璧に成し遂げました(^^)/



T課長いわく、今回のように、装置が小さくて、
かつ地べたに置いてあったりすると、作業もしづらいそうです。
見ていて感じたのは、配管作業というのは、
何をどのようにつなぐかの判断や手順が難しいということ。
配管センスや、永年の経験が必要なのだとわかりました(^^)

今回の訪問先も、やはり暑い現場。
皆さん黙々と仕事をされていましたが、
完成品は、オレンジやピンク、グリーンなど、とてもカラフル。
ついつい気になり、製造過程などを質問しまくってしまいました。
お忙しい中、答えて下さったYさん、ありがとうございました!!

★今回、活躍した部品、工具たち↓
d0045333_14501554.jpgd0045333_14503237.jpg
by kleentek | 2011-09-21 09:22 | 現場体験記

<テクノロジー&エコロジーあたたかな心で>をコンセプトに、技術革新、環境問題を正面からとらえ、各産業機械でご使用の油についてのご提案をしています。


by kleentek

プロフィールを見る
画像一覧


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

記事ランキング

カテゴリ

全体
KLEENTEK動画
最新レポート
現場体験記
製品紹介
実績紹介
メンテナンス
販売代理店紹介
kleentekの歩み
販売機種

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 05月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 06月
2013年 12月
2013年 09月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

プロフィール

【筆者その1_otogawa】
大阪生まれ。小学~高校の係は新聞係。大学卒業後はオフィスワークひとすじ。2009年クリーンテック入社。現在の趣味:太極拳、歴史小説、英会話

画像一覧