KLEENTEK 女性社員のブログ

<   2014年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第18回機械要素技術展に行ってきました!

KLEENTEK大阪営業部のotogawaです。
塗料・洗浄分野の専門商社として長野県で活躍中のNCC株式会社さんが、静電浄油機EDCの展示をして下さるということで、第18回・機械要素技術展(ビッグサイト)に取材に行ってきました。
d0045333_18175879.jpegNCCさんご出展の製品のうち、特にotogawaの興味を引いたのは「ホコリが見えるライトシリーズ」。→クリーンルームでちゃんと空気を清浄管理しているはずなのに、なぜか製品の塗装にゴミブツが…じつは、空気中の「微細な」ゴミをいくらパーティクルカウンタで測って管理していても、問題となる「粗大な」ゴミは作業台や床などに落ちてたまり、不良の原因になっているのです。そんな粗大粒子を、目で見えるようにしてくれるのが前述のライト。照らすだけで粗大なゴミを可視化し、解決へと導いてくれます。(詳しくはNCCさんコラムへ!)
一方で、わが静電浄油機は油の中の「微細な」ほうのゴミを取るのが専門。油圧の世界ではトラブルの原因となるのは5μm以下の微細なゴミ=油の劣化物(スラッジ)なので、「粗大な」ゴミをいくら取っても、根本的な解決にはならないのです。うーむ、スラッジも可視化できればなぁ。そんな魔法のライト、販売してませんか?NCCさん(笑)
※スラッジの測定には、メンブランフィルター、パーティクルカウンターなどが有効です。また、油の色調にもよりますが「濁り」具合を目で見て分かる場合もあります。
d0045333_18180534.jpegさて、1日かけて広大な会場を歩き回り、腰痛になったotogawaですが、おかげで多くの取引先の方と出会うことができました。エコリンピックの堀内機械さん、迷路の模型で高精度の油圧シリンダを表現(写真)。椿本チエインさんは新開発のZIPチエインを採用した高速昇降機の巨大なデモ機。コンサート会場などで使われてるそうです。兵神装備さんは、モーノポンプのメーカー。クリーンテックが開発した製鐵向け高粘度油の除水装置DHSで大変お世話になっています。山崎機械製作所さんは、以前訪問させていただいた近江鍛工さんとつながりの深い滋賀の鍛造メーカー。型打鍛造の巨大な船の部品(200kg以上!)が圧巻でした。
前回このビッグサイトに展示会を見に来たのは、東日本大震災の前でした。震災以降、日本は製造業、エネルギー分野、他国との付き合い方などにおいて、様々な変革を迫られ続けています。ただ、会場の「人」には活気があり、おかげで、ずっと社内だとモヤモヤが溜まってしまうotogawaも元気になりました!さぁ月次業務、頑張るぞ!!
d0045333_18180210.jpeg★左は、新しいデザインのEDC操作盤!写真を拡大してご覧ください。★右は、浄油槽の中身が見える静電浄油機。このジャバラでゴミを取りまくる!
by kleentek | 2014-06-30 18:53 | 最新レポート

<テクノロジー&エコロジーあたたかな心で>をコンセプトに、技術革新、環境問題を正面からとらえ、各産業機械でご使用の油についてのご提案をしています。


by kleentek

プロフィールを見る
画像一覧


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

記事ランキング

カテゴリ

全体
KLEENTEK動画
最新レポート
現場体験記
製品紹介
実績紹介
メンテナンス
販売代理店紹介
kleentekの歩み
販売機種

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 05月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 06月
2013年 12月
2013年 09月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

プロフィール

【筆者その1_otogawa】
大阪生まれ。小学~高校の係は新聞係。大学卒業後はオフィスワークひとすじ。2009年クリーンテック入社。現在の趣味:太極拳、歴史小説、英会話

画像一覧