KLEENTEK 女性社員のブログ

関西電力・大河内発電所を訪問

KLEENTEKのotogawaです。
 現場がみたいみたい!と日々言い続ける私に、心優しき上司が許可してくれた現場第1号は、関西電力・大河内(おおかわち)発電所でした。場所は兵庫県神崎郡、日本で最大級の循環式純揚水発電所です。最大発電量128万kW。
水力発電所は、高いところから水を落として発電機を回し、電気を作りだす原理はどこも同じですが、水の蓄え方にいろいろあり、自然の川を利用するものもあれば、この揚水式のように上下ふたつの調整池を持ち、下池の水を汲み上げて(=揚水)再度、落とすものもあります。じつはこの汲み上げには原子力発電所や大規模火力発電所の夜間の余剰電力を利用していて、つまりは「蓄電池」という意味合いがある発電所なのだそうです。

d0045333_2013548.jpg 6月某日、営業Oさんと共に大河内発電所へ。中に入ると、床や壁や天井を無数の配管が走り、巨大なタンクや配電盤が立ち並んでいました。多くの装置が稼動している音が終始、鳴り続けていて、隣の人と会話するのも大声で。ここで一日中、黙々と作業をする方たちは本当に大変です。Oさんと現場担当のYさんがコレクタ交換とサンプル油採取をされるのを、私はひたすら撮影。14時過ぎに作業完了。

d0045333_2017731.jpg 静電浄油機が実際に現場で油槽につながれ、配管に小さい布を何か所も巻きつけられている姿を見るのは初めてでした(白い布は油漏れチェック用)。浄油槽の蓋を開け、汚れたコレクタを見たときには「おー、しっかり仕事したな!」と頼もしくなりました。また、てきぱきと作業をこなすOさんの姿を目の当たりにできたのもよかったです。Oさんは技術的な知識が豊富なメンテ命の営業さんで、つなぎだけでも3色を着こなします。これからも毎日、ご安全に帰ってきてください!
 いつも書類上の文字や数字で認識しているものが、現実に存在しているのだということを肌で感じられた一日でした。地上に出てくると、曇っていた空からポツポツと雨が降り出し、辺りの紫陽花がきれいでした。任務を終え帰途につきました。

★昼食の平家そば @砥峰高原にて
d0045333_20283664.jpg
by kleentek | 2010-09-29 11:05 | 現場体験記

<テクノロジー&エコロジーあたたかな心で>をコンセプトに、技術革新、環境問題を正面からとらえ、各産業機械でご使用の油についてのご提案をしています。


by kleentek

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

記事ランキング

カテゴリ

全体
KLEENTEK動画
最新レポート
現場体験記
製品紹介
実績紹介
メンテナンス
販売代理店紹介
kleentekの歩み
販売機種

以前の記事

2018年 03月
2018年 01月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 05月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 06月
2013年 12月
2013年 09月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

プロフィール

【筆者その1_otogawa】
大阪生まれ。小学~高校の係は新聞係。大学卒業後はオフィスワーカー。2009年クリーンテック入社。興味のあること:太極拳、英会話、ハリネズミ

画像一覧

その他のジャンル