KLEENTEK 女性社員のブログ

三菱重工業さんロボットアームに使われています

KLEENTEK大阪営業部のotogawaです。

 2017年4月25日付asahiデジタルHPにて、三菱重工業が開発中の福島第一原発・廃炉作業用ロボットアームが公開されたとの記事が掲載されました。そこにクリーンテックの静電浄油機をお使いいただいていますので、ご紹介いたします。
 「三菱重がロボアーム公開」(asahiデジタル)
(巨大なロボットアームの足元にある油圧ユニットに、緑色の静電浄油機がのっています。80kgあるのですが…大変小さく見えます!)

 福島第一原発の廃炉作業は、現在、1号機~4号機それぞれの状況に合わせて、放射線量低減対策や、汚染水を浄化して燃料の冷却に再利用するなどのさまざまな対策が実施されています。そして、一番気がかりな1~3号機の中にある「燃料デブリ」については、無人カメラ等による撮影や調査等が行われていますが、まだまだ現状が把握できていないとのこと。
※燃料デブリとは、使用済み核燃料が溶け落ちて建屋のコンクリートや金属と混ざり合い、冷えて固まったもので、非常に放射線量が高く、硬いそうです。取り出し方法は現在、国が検討中で、取り出した後に持っていく先もまだ決まっていません。

 そんな中、デブリ取り出し作業用のロボットを、日立GE、東芝、そして三菱重工業が国際廃炉研究開発機構(IRID)と共同開発中。国に採用されれば、2021年頃から使われる可能性があるそうです。 硬いデブリを砕くために大きな力が必要なので、このロボットは電動ではなく油圧で動きます。そして、遠隔操作が可能な油圧ユニットを作ることができるメーカーということで、F社さんが選ばれました。さらに、制御がサーボ(=精密さが要求される)なので、油の高い清浄度が必須であることと、何年間かメンテナンスしなくても清浄度が保てるという条件を満たすということで、F社さんが静電浄油機をご推薦くださったそうです。(ちなみに、本記事のロボットにはEDC-R50N型が使われており、現在、油の清浄度はNAS5級(=超清浄)を保っているそうです)

 いま、廃炉の技術開発や、廃炉ビジネスが成りたつ方法を、世界中が模索しています。福島では、廃炉に向けて日々黙々と作業される7000人以上の方々がいらっしゃいます。そんななか、現場で働く電力会社の若い社員さんたちの中には、「廃炉」という未知の事業に対して、やりがいを感じて、前向きに取り組んでいる人が少なくないそうです。"発電屋さん"の経験を持たないことが、逆にプラスになっているようです。
 参照「福島第一原子力発電所へ」(ほぼ日刊イトイ新聞)
 
 クリーンテックも、ベテランの経験値と若いチャレンジ精神を融合させながら前進中です。私たちの「日常」を少しでも良くする一助となれるよう、ひとつのチームとなって、何事にも勇気を持って進んでいきたいと願っています。
# by kleentek | 2017-05-01 14:59 | 実績紹介

水圧式ロボットアームを作りました!

 KLEENTEK大阪営業部のotogawaです。

このブログでもすっかりおなじみになった堀内機械さんのエコリンピックですが、残念ながら今年は開催がありませんでしたので、今回はotogawaがものづくりの精神を引き継ぎ、「ひとりエコリンピック」を開催いたしました。
水圧式ロボットアームを作りました!_d0045333_19132847.jpg
←作ったのは「水圧式ロボットアーム」(エレキット
>>動く様子はこちら!

なぜこんなものを!?

じつは…
クリーンテックの静電浄油機が、潤滑油、とくに油圧作動油の浄油に有効ですよと言っているにも関わらず、今までの私は「油圧」というものがピンときていませんでした。油圧ショベル、油圧プレスと聞いても、実際に油がどんな風に流れ、力を伝達しているのか、どんな風に油漏れするのか、バルブ故障とはどの程度、深刻なことなのか…?
そもそも、バルブ(弁)の役割もよくわからないし、油圧ポンプとか油圧モータとかいうけれど、ポンプ自体は電気で動いているわけで、それって動力は電気ではないの?油圧なの?
一体どういうことなんだろう?…ずっともやもやしていました。

ですから、テレビでこの水圧式ロボットアームを見たとき「油圧を実感するにはコレだ!」(油圧と水圧は仕組みは同じです)と、その日のうちにネットで注文していました。パーツを一から組み立て、動かし、ようやく「油圧」のイメージがわいてきました!

…とカッコよく言いたいところですが、実はちゃんと動くまでに、一苦労ありました。出来上がって操作レバーを動かしたところ、まったく動いてくれない部分が出てきたのです。ホースをよく見ると、水で満たしたはずなのにところどころに「空気」が混入しており、どうやらそのせいで「力」が伝わらなかったみたいです。何度か水を入れ直し、やっと全体が動くようになったところで、今度は私の操作が下手すぎて、持ち上げたい物のところに、ちゃんとアームが行きません(笑)。何日か練習を続けた結果、ついに私の意図が「水」を経由してシリンダに伝わり、それがアームやブーム部分を動かして、末端で望み通りの「仕事」をしてくれたときは、ほんとうに感動しました。

この油圧、水圧の仕組みを利用して、実際には飛行機や船、巨大なショベルカーなどが動いています。そのダイナミックさに改めて驚くとともに、ほんの少しの空気の混入、油中への水の混入、そして微細なゴミの混入で動かなくなってしまう、油圧装置の繊細さも強く感じました。

実際、油圧トラブルの主要な原因は、サブミクロン単位のゴミと言われていますが、静電浄油機は0.03μmという驚異的な濾過精度を生かして、現場の問題を解決いたします。詳しい実績は各営業部にお問合せください!

★いろんな油圧の機械たち↓
水圧式ロボットアームを作りました!_d0045333_19335539.jpg
# by kleentek | 2016-12-27 09:00 | 最新レポート

バイオディーゼル燃料にも活躍する静電浄油機【前編】

 KLEENTEK大阪営業部のotogawaです。
地震発生から1ヶ月余りたった現在、いまだ終息が見えてこない状況の中で、増え続ける問題に苦しむ熊本県。そんな中、活躍したエコ燃料のことをご存じでしょうか?

地震発生直後、ガソリンの供給が途絶え、多くの消防車や水道事業者の車両が困り果てていました。そんな彼らにバイオディーゼル燃料を無償で提供されたのが「自然と未来」(熊本県)さんです。この会社は、2010年からバイオディーゼル燃料の製造・販売を開始され、「くまもとを油田に」をモットーに精力的に活動されていますが、その高精度バイオディーゼル燃料の精製工程で一役買っているのが、クリーンテックの静電浄油機なのです。
バイオディーゼル燃料にも活躍する静電浄油機【前編】_d0045333_17261847.jpg





◆バイオディーゼル燃料(BDF=Bio Diesel Fuel)とは
植物由来の廃食用油に、化学的な処理をほどこして、燃料として再利用できるようにしたもので、軽油の代わりにディーゼルエンジンに使用できる燃料です。限りのある化石燃料と違い、リサイクル可能で、かつCO2排出量も削減できる(カーボンニュートラル)ということで何年も前から注目されており、その精製技術は現在も向上を続けています。

◆バイオディ―ゼル燃料の作り方
日本では廃食用油(てんぷら油)から作ります。まずグリセリンの成分(=ベタベタ)を分離し、混入した異物や油の酸化生成物(スラッジ)、残留グリセリンなどを除去して、さらさらの綺麗な油にするのですが、残留グリセリンなどは分離したつもりでもほんの数パーセントは残ってしまい、しかもそれがエンジン故障につながる、というような厄介な物質だそうです。特に、排ガス規制が厳しくなった平成18年以降に製造されたディーゼルエンジンには、排ガス燃焼のための装置がついており、その部分が目詰まりしないためには、さらに高精度であることが求められます。
しかし、サブミクロン単位のスラッジを除去できる静電浄油機を工程の最後に使用することで、燃料を高精度に仕上げることができるそうで、今までに「静電浄油機を使ってみたら車両のトラブルがなくなった!」という理由でご購入いただいたお客様が多数あります。

◆バイオディーゼル燃料の普及のために
欧米では、バイオディーゼル燃料を軽油に混ぜて使用することが推奨されており、税の優遇措置も受けられるため、普及が進んでいます。一方、日本では、税の優遇もなく使用についての規格もまだ定まっていません。しかも、まだ品質が良くなかった何十年も前のイメージが根強く残っており、そのせいで「現在は安全である」という認識が拡がりにくいのが現状です。

「自然と未来」さんをはじめ、バイオディーゼル燃料の製造・販売に携わる多くの方が、安全性をPRする発信を続けながら、製造技術の向上や廃食用油の効率的な回収、燃料貯蔵の方法などを模索し、日々奔走されています。さらなる普及のためには、国などの「大きな組織」が動いてくれることがやはり必要です。でも、それを動かす「ヒト」「技術」は、必ずしも「大きな組織」の中にあるとは限りません。逆に、各地方、各地域に存在することが多いのではないでしょうか。そして、一見「小さく」みえるそういう力を結集させる地道な努力が、「大きな変革」につながるように思います。(最近、静電浄油機をご購入くださった「バイオディーゼル岡山」さんは、その取り組みが毎日新聞の記事になりました!)

鉱物油だけでなく、植物由来の油にも活躍する静電浄油機。詳しくは、バイオディーゼル燃料専門のクリーンテック代理店イーレップ株式会社にお問合せください→5/24からの「2016NEW環境展」の中の「2016地球温暖化防止展」に出展されます!
★次回後編では、バイオディーゼル燃料の製造・販売の現場に潜入し、実際に静電浄油機をご使用くださっている方の声をご紹介します。乞うご期待!

# by kleentek | 2016-05-18 19:00 | 最新レポート

堀内機械さんのエコリンピック2015に行ってきました

 KLEENTEK大阪営業部のotogawaです。
今年も堀内機械さんのエコリンピックに行ってきました。

 堀内機械さんは最近ご多忙とのことで、人が中に入れるくらい大きなシリンダを作っていらっしゃると聞きました。ただその分、残業も頻繁にあるとのことで「今年は出展を休みました…^^;」と言われる方がちらほら…(必ずしも残業だけが理由とは限らない、かな?…笑)
それでも、今年も100を超える作品が出展されていました★
堀内機械さんのエコリンピック2015に行ってきました _d0045333_9264040.jpg
 最近otogawaは、個人的に物を大量に処分したのですが、捨てるのか?売るのか?誰かに譲るのか?…悩みに悩みました。 「金銭的にもったいないから、できれば高く買いとってもらいたい」「いや、お金にならなくていいから、誰か心のある人に使ってもらいたい」…モノを「捨てること」を通して、「買うこと」「使うこと」を振り返るいい機会でした。
堀内機械さんのエコリンピック2015に行ってきました _d0045333_9273839.jpg
 一方で、作る「楽しさ」や「手ごたえ」を感じることが、日々あります。簡単な料理、手書きの葉書、エコリンピックに出展したモビールなど…。確かに大量生産のシステムも、高機能なスマホも、3Dプリンタも、「人類」の役に立つ便利な発明ですが、果たして生きるために絶対に必要かというと…???
「ひとりの人」が生きるために必要不可欠なものとは、出来がイマイチでも気持ちのこもった贈り物だったり、たとえ小さくても、自分の手で作った!という達成感だったり…そういう、ささいなもの、身近なものなのかもしれません。

 捨てられるはずだったものに手を加えて再利用しつつ、楽しんでしまおう!というのが、このエコリンピックです。廃材に「顔を描く」だけで、愛着が増すのが不思議です。ほんの一部ですが、下の動画でお楽しみください!

★エコリンピック2015の動画★
# by kleentek | 2015-12-15 09:00 | 最新レポート

無更油を継続中~吹田市資源循環エネルギーセンター様

KLEENTEKのotogawaです。

クリーンテックでは、お客様からのご要望により定期的な油分析をおこない、汚染度や水分、添加剤の残存量などの経過観察をすることで、油管理のサポートをしております。また同時に、お客様の側から設備トラブルの有無や更油の回数などの情報、メンテナンス時の写真などをいただき、双方のデータを合体させることで、お互いにとっての有用なデータ作りを行っています(通称パートナープラン)。今回はその実例として大阪府吹田市様をご紹介いたします。

吹田市様は「資源循環エネルギーセンター」という、発電と組み合わせた高性能の廃棄物処理プラントを運営され、同じ敷地内の「吹田市資源リサイクルセンター」ではゴミのリサイクルに関する啓蒙活動(衣服のリフォーム教室や再生品の販売など)を実施されるなど、環境問題に積極的に取り組んでいらっしゃる自治体です。

無更油を継続中~吹田市資源循環エネルギーセンター様_d0045333_1714551.jpg 吹田市様とクリーンテックの出会いは、現センターの前身・旧清掃工場(北工場)時代にさかのぼります。工場併設の発電設備のタービン油向けに除水機付静電浄油機EDH-R25をご採用いただいたのが2005年。2009年には現センター新設に伴い2台目をご購入。EDH導入前は、浄油サービスを受けながら定期点検時には更油も実施されていたそうです。しかし設備が古くなるにつれて水が混入するようになったこともあり、除水対策としてクリーンテック製品をご採用いただいたとのこと。現在の2台目を導入されてからは、年に1回、浄油機のメンテナンスと油の分析を行っていますが、発電装置のトラブルはゼロ、油の汚染度や水分は良好に保たれ、現在にいたるまで約5年間、一度も更油をされていません。またNAS等級という油の清浄度をはかる規格でも4~5級という新油以上のレベルを維持されています。

タービン油での経過が良好なことから、2013年、清掃工場のストーカ駆動油圧装置の作動油に静電浄油機EDC-R10を2台ご導入されることに。(ストーカとは階段状の火格子の上でゴミを移動させながら処理する焼却炉。ここで使われている油圧シリンダは高温と大量のゴミにさらされる大変過酷な現場のため作動油も劣化しやすい)。こちらは導入から約2年半になりますが、やはり油圧装置にトラブルはなく、油も交換されていません。油の性質も保たれ、汚染度も新油レベル以下を保っています。また以前は、メンテナンス時にタンクの底にドロドロが溜まっていたのが、浄油機設置後は無くなったそうです。

以下データをご参照ください。(クリックすると全体が見られます)
※鮮明なデータをお入用の方はクリーンテックまでお問合せください。
無更油を継続中~吹田市資源循環エネルギーセンター様_d0045333_1741045.png

今回、取材を快くうけてくださった資源循環エネルギーセンター様は、北工場時代から静電浄油機をご愛用、その効果をご評価くださり、新センターの設備導入の際にはわざわざプラントメーカーさんに組込みを頼んでくださったそうです。 「タンク1台につき更油などに毎年30万円以上かかっていたのがほぼゼロになり、EDC購入費もたったの2年で償却できました」と大変喜んでいただいています。

今回、センター職員の方に設備全体を案内していただき、小学校時代を思い出すような楽しい社会科見学を体験させていただきました。その中で面白かったのは、清掃工場の廃熱を利用した発電機を見たアメリカの技師の話です。廃熱までも利用する日本の徹底ぶりに驚き、感心していたそうです。日本のような、国土が小さくエネルギーも限られている国は、知恵を絞るにはもってこいの環境のようです。「豊富にない」ことを嘆く間に、「あるもの」をどうやって生かすか模索し、提案し、実現していくこと…これが日本の強みであり、地球の将来に役立てるべく自信を持ってアピールできる力だと感じました。
無更油を継続中~吹田市資源循環エネルギーセンター様_d0045333_19561344.jpg 静電浄油機のクリーンセンター様への納入実績は全国で80台以上。対象はストーカ、破砕機などの油圧装置に加え、併設の発電設備のタービン油にも及び、現在もリピート受注が絶えません。

クリーンテックは、年々、深刻化するエネルギー問題にも関与し、
限りある資源を持続して使い続ける試みに、貢献していきます。
数年後このブログで、「無更油記録更新!」の報告ができることを願って・・・
# by kleentek | 2015-06-30 08:00 | 実績紹介

<テクノロジー&エコロジーあたたかな心で>をコンセプトに、技術革新、環境問題を正面からとらえ、各産業機械でご使用の油についてのご提案をしています。


by kleentek

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

記事ランキング

カテゴリ

全体
KLEENTEK動画
最新レポート
現場体験記
製品紹介
実績紹介
メンテナンス
販売代理店紹介
kleentekの歩み
販売機種

以前の記事

2021年 03月
2020年 06月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 05月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 06月
2013年 12月
2013年 09月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

プロフィール

【筆者その1_otogawa】
大阪生まれ。学級新聞係。社会に出てからはオフィスワーカー。2009年クリーンテック入社。興味の対象=ハリネズミ、猫、パン作り、お菓子作り

画像一覧

その他のジャンル